¥ 10,000以上のご注文で国内送料無料

JOURNAL

今気になるもの、実はデニムです。

今気になるもの、実はデニムです。

 今ぐいぐい盛り上がっていて、改めて今のスタイリングに欠かせない存在になっているのが”デニム”です。今回はThe Cloakroom Tokyoの隠れた人気商品、オーダージーンズをご紹介します。  10代の頃に地元のジーンズショップに通い詰め、ファッションに目覚めたわたくし。ほぼ365日ジーパンばかり履いていたものです。。しかしその頃にあまりにも濃くジーンズを楽しみすぎたせいかデニムを拗らせてしまい、その後はジーンズと距離をとってしまうように。そんな自分が今、最も気になるアイテムにジーンズが躍り出てまいりました! 言うまでもなくカジュアルスタイルの重要性がこれまで以上に高まっている今。デニムはワードローブに欠かせないアイテムで、このデニムをいかに上手に履きこなすかにセンスが問われています。自分は古着は買わないですがヴィンテージ界隈も未だかつてない盛り上がりを見せていて、デニムの本質であるヴィンテージへの「そのへん解っている感」も出しつつ大人っぽく決めるデニムを目指してデニムを履いてみたい。そんな気分です。  元々は大量生産の既製品の象徴であるジーンズが古いものや良いものの価値を見直したり、大切に長く愛するものとして語られるようになっているのはなんだか考えさせられるものもありつつ、大量生産品の文脈から最も遠いところにあるハンドメイドのテーラードとの相性も高まってきていると言うこの時代性?みたいなものも合わせて楽しみたいのが今時のスーツ屋事情だったりもしそうです。  さて、40代になって改めて履くジーンズ、これは結構難題です。求められる条件が厳しい。。  自分が求める条件は三つ、 ①綺麗なシルエットで上品に履きたい。 ②ジャケットに無理なく合わせたい ③やっぱり色落ちも楽しみたい。    ①と②は重なる部分が多いですがこれが結構難しい。昔はちょっと大きめで緩く履いていましたが今の自分のファッションだと組み合わせが難しいのでパス。なにより綺麗なシルエットのジャケットに合いません。程よい程度に細く履きたいところですが自分の場合はウエストに対してヒップが大きく、太ももが太い。既製品のジーンズでウエストに合わせるとヒップと太ももがキツくて、ヒップと太ももに合わせるとウエストがゆるゆる。基本的にベルトが嫌いなのでノーベルトでピシッと履きたいのですがこれがまた難しくなってしまします。  特に気になるのが太ももで、ここがつっかえるとジーンズの股が身体の股までくっつかず、元々短い足がますます短く見えてしまう状態に(涙)。これって結構皆さん気になりませんか?  ③色落ちはやはり青春時代にジーンズブームに乗っかってしまった世代。タテ落ちしないデニムを履くことは自分には考えられない。。ストレッチなんてもってのほか。。という価値観から未だに抜け出せない自分がおります。。(あくまでお好みです!) 現行のデニムとは言えここを拘れないのではデニムを履く気にはなれません。 そんな我儘が叶えられるのはやはりオーダーメイドしかないでしょう。  クロークルームのオーダージーンズのモデルは2種類あります。 一つはセルビッチ付きのヴィンテージタイプ。もう一つは股上がすっきりしていてスリムシルエットのドレスタイプ。  自分の場合はこの二つを掛け合わせたようなものが理想なのですが、ベースは細身のドレスタイプを選びます。まずはヒップで丁度良いサイズを選んで緩いウエストはしっかり詰めます。太ももはピッタリしすぎない感じの方が今の雰囲気が出るのでやや太く調整。しっかり股十字が体にフィットするように調整して少しでもスタイルが良く見えるようにしていきます。膝幅と裾幅は細すぎずのデフォルトシルエットで丁度良さそうです。これでしっかりテーパードした綺麗なシルエットに。パンツの丈はちょっと短めがいいですね。クッションが大きく出るより綺麗な印象になります。オーダーだとリジット(生)で裾上げしてから洗いがかかるので裾口のパッカリング(生地の縮みでできるボコボコ)がしっかり入るのが嬉しいポイントだったり。  生地は岡山の力織機で織られた14オンスのセルビッチ付きをチョイス。世界中から人気を集める素材です。1960年代から修理を重ねながらずっと使われている古い織機で織られた生地はヴィンテージデニムに見られるような迫力あるタテ落ちが楽しめます。旧式の織機は生地の幅が狭く、綾織の耳がついていますが、これがよく赤耳とかセルヴィッチと言われるディテイルです。このセルヴィッチが付いているジーンズでないと認めないという方も多いでしょう。 しかし、今回のドレスタイプにはこの生地を使ってもセルヴィッチはつきません。なぜ501®︎を参考にしたヴィンテージタイプのジーンズにはセルヴィッチがついているかと言うとそれはパンツの外側のカッティングが直線だから。綺麗なシルエットよりも生地の無駄と手間を省き安価に大量生産するために考えられた仕様なんです。 この股の内側だけでシルエットを作るカッティングだからこそ、あのちょっとガニ股で”らしい”ワイルドなシルエットが産み出されました。 しかし今回は綺麗なシルエットで大人っぽく履きたいので拘りのセルヴィッチ付き生地だけどあえてセルヴィッチが出てこないカッティングのドレスモデルで仕立てるという贅沢仕様にしています。セルヴィッチのアタリが出ないのが残念ではありますが。。。これでエイジングで綺麗なタテ落ちが楽しめます。 と、こんな感じで身体を綺麗に見せるフィッティングや自分の拘りを盛り込むことができるオーダージーンズ。出来上がりが楽しみです。 まだまだ語りたいことはあるのですがあまりにも長いので今回はこの辺りで。ぜひお店で語り合いましょう。 ジーンズなので色々と制約もあり、なんでもできるわけでは無いですが既製品には無い楽しみがたっぷり詰まっています。ストレッチの入った楽な素材や夏に丁度良いホワイトデニムなど生地も多彩な品揃えです。ぜひ一度チャレンジしてみてください。  オーダージーンズ 価格¥40,700(税込)から 出来上がりまで5週間から6週間...

Read more →

ふるさと納税返礼品のバリエーションが増えました!

ふるさと納税返礼品のバリエーションが増えました!

登録以来ご好評いただき、多くの方々にご利用いただいているふるさと納税返礼品のお仕立券のバリエーションが増えてさらにご利用いただきやすくなりました。スーツ、ジャケット、パンツ、コートなどにご利用いただけるお仕立券です。現在の返礼率は寄付額に対して3割、金額の内訳は以下の通りです。寄付額1万円コース = 税込3千円分ご利用いただけます寄付額3万円コース = 税込9千円分ご利用いただけます寄付額5万円コース = 税込1万5千円分ご利用いただけます寄付額10万円コース = 税込3万円分ご利用いただけます寄付額20万円コース = 税込6万円分ご利用いただけます寄付額30万円コース = 税込9万円分ご利用いただけます寄付額40万円コース = 税込12万円分ご利用いただけます寄付額50万円コース = 税込15万円分ご利用いただけます寄付額100万円コース = 税込30万円分ご利用いただけます寄付額150万円コース = 税込45万円分ご利用いただけます以上の金額をお会計の際にご利用いただけます。※お仕立券は紙での発行ではなくメールでお送りしております。※お釣りが出ませんのでお気をつけください。ふるさと納税制度についてふるさと納税制度をご利用の方もそうでない方もいらっしゃると思いますのでふるさと納税について解説させていただきます。ふるさと納税とは、生まれた故郷や応援したい自治体に寄付ができる制度です。手続きすると、寄付金のうち2,000円を超える部分については所得税の還付、住民税の控除が受けられます。自分自身で寄付金の使い道を指定でき、地域の名産品などのお礼の品もいただける魅力的な仕組みです。(ふるさとチョイスより)魅力は大きく三つ、その1、お礼の品がもらえる(今回はお仕立券)。その2、税金が控除(還付)される。その3、寄付金の使い道を指定できる。があげられます。つまり、自分が支払うべき税金の一部を任意の自治体に寄付することでお礼の品がもらえて、その寄付した分の金額は翌年の税金で控除(還付か減額)されるのです。ですので、こちらをご利用いただくと自己負担2,000円で任意の金額のお仕立券が手に入ってしまうという素敵な仕組みとなっています。もちろん支払うべき税金の全てが対象になるわけではなく、控除上限額の「枠」の中で利用可能です。控除上限枠はこちらでご確認ください。控除上限額シュミレーション(ふるさとチョイス)ふるさと納税制度について詳しくはふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」にわかりやすい解説があるのでこちらをご覧ください。ふるさと納税の仕組み(ふるさとチョイス)ふるさと納税を動画で解説はこちらです。ふるさと納税解説動画(ふるさとチョイス)私たちの想い今回、私たちザ・クロークルームのものづくりを支えていただいている九十九里町の「アトリエフォルム」さんとの取り組みでふるさと納税事業に参加させていただきました。ふるさと納税はあくまで事業所の所在している自治体での取り組みになりますので主体は縫製工場である「アトリエフォルム」さんになります。数多くのザ・クロークルームの服を仕立てていただいているアトリエフォルムさんは亀有で仕立屋として創業した90年以上の歴史をもつ縫製工場さんで、その高い技術や他にはない物作りへの情熱が評価されマニアックどころを中心に数々のブランドに支持されている知る人ぞ知る存在です。仕立てられた服は柔らかく、手の込んだ仕事ならではの独特な味と色気がありそれが最大の魅力になっています。みなさま同じだとは思いますが昨年から続くコロナ禍のなかで私たち洋服屋や縫製工場さんもとても大きな影響を受けています。店は閉まり、出歩く人は減り、必要とされる物も変わっていきます。(もちろんそのとき必要とされるものを供給するのも大切です)。今のままではレベルの高いものづくりを継続していくことが難しい、この先日本国内でしっかりとした服を作っていくことは出来なくなっていくのではないか。実感としてそんなところまで来ているのが実情です。そんな中で日本の服作りの現場支援の一環として、大切な縫製工場さんを支える活動としてふるさと納税という制度に注目し活用させていただくことに至りました。ふるさと納税をご活用いただければご自身の控除上限枠のなかではありますが自己負担2,000円でお仕立券をご利用いただけます。ご利用いただけるお客様にはとってもお得で意義のある内容だと思っています。ぜひともこの制度をご活用いただいて上質で素敵な、自分を更に更に魅力的に演出する貴方だけの1着をお仕立てください。今だからこそ、次の一歩に向けて美しい装いを楽しみましょう。ご利用はこちらふるさと納税 ザ・クロークルームお仕立券

Read more →

初めてのビスポークはネイビーブレザーを

初めてのビスポークはネイビーブレザーを

  ビスポークのネイビーブレザーを一着持つというのは良い選択肢だと思います。 ハンドメイドのビスポークなら30年は着られる。時代を超えるど定番のネイビーブレザーは年齢とか、記念日とか何かの節目に仕立てたい。30歳ぐらいで仕立てて、60歳ぐらいになった時に、これ30年着てるんだぞって自慢できるやつ。 何年経っても、年を経るごとに価値が増していくのが定番であり、ハンドメイドのビスポーク。 気がついたら子供が勝手に着てるなんてこともあるかもしれない。 スーツだと着る機会が限られちゃう方が多いと思うので、紺ブレならデニムや軍パンなどとスタイリングしてカジュアルにも使えるし、ここぞでタイドアップするのも楽しい。初めてのビスポークにもすごくおすすめ。最初はシングルで2着目はダブルに挑戦したい。 紺ブレ、ブレザー、ネイビージャケット、色々と呼び名はありますが英国系のしっかりとした生地で仕立てて身体に馴染ませるように着込んでいく。そういうことに本当に価値があると思います。 裏地に穴が空いて繕うぐらいになると愛着湧くんだろうなぁ。

Read more →

OUR PHILOSOPHY

OUR PHILOSOPHY

オーストラリアとカナダにも店舗を展開するインターナショナルなスーツのオーダーサロン『ザ・クロークルーム』は日本のディレクターを務める島田正史とイタリア系カナダ人ルイ イアレンティ、オーストラリア人のアンドリュー バーンの3人がフィレンツェで出会い、その物語が始まりました。目指したのは伝統を踏まえた上でモダンな新しいテーラリングスタイルを産み出すこと。そのために他に類を見ない多国籍なチームが産まれました。 伝統を踏まえながらもモダンで、現代のライフスタイルにピッタリと寄り添う。堅苦しく無い軽さを持ちながらラグジュアリー。そんな現代に求められるテーラリングを実現するためには高いレベルの技術を持つ職人たちとのコラボレーションが必要でした。必然的にザ・クロークルームが選んだのは日本の職人達。日本製だからこそ実現できるクオリティこそがザ・クロークルームのスタイルには欠かせないものだったのです。 こだわりの詰まった銀座7丁目のオーダーサロンは予約制のプライベートな空間で安心してゆっくりとオーダーを楽しめます。 サロンの情報・予約はこちらからhttps://thecloakroom.jp/

Read more →

カート

All available stock is in the cart

カートは現在空です。