¥ 10,000以上のご注文で国内送料無料

『酒番日記』 映画、音楽、本、時々酒、のこと 第22回

 

新しい酒場のお手伝いをすることになった。

基調とする色は緑。

私にとっての緑は若かりし頃に勤務していたアパレルブランドのポロシャツの売れ筋、

「ウッドランドグリーン」をイメージさせる良い緑。

ただ「ウッドランドグリーン」は米軍の迷彩服を表すことが多いので、ここでは濃い緑。

その濃い緑の内装デザインを見せてもらった時に感じた街はロンドンだった。

二十年ほど前に招かれて行ったジェントルマンクラブの壁の色と重なった。

 

「酒場の色」単純に目に入る色ではなく醸し出す色のイメージ、

とても大切だと思う。

落ち着いた色調の中に見える新しい酒場の価値観だったり、

先進性だったり…、そういった何かが感じられる「酒場の色」

始まりのそれは、酒場の主の想いが表現されるべき色で、

酒場に生命が吹き込まれ動き出すと刻々と変化していく。

それは、そこに関係する人、訪れる人、提供される酒、

そういった時間の積み重ねが「酒場の色」を作り上げていくものだと思う。

 

新しい酒場、これからはじまる酒場の時間に彩られた色は、

どんな色に変化していくのか、今から楽しみだし関わっていけることに感謝している。

 

当時訪れたジェントルマンクラブの深まった緑を想い描きながら、

「緑」をイメージしたカクテルを創出している秋の午後

ロンドンの友人はどうしているのかなと、ふと思い出す。

Marco Di Marco feat.Nathan Haines/My London Friends より → https://youtu.be/0sWRLFl6dOg

 

令和4年 深まる秋に酒場の色について考える

「酒番」栗岩稔

 

栗岩稔プロフィール

鎌倉THE BANK、 銀座7丁目クロージングサロン、木挽町路地裏の酒場 bar sowhat、銀座5丁目 Ginza Sony Park Bar Morita で大人の集う酒場を作り上げ

人と酒と酒場をその歴史や文化から掘り下げ伝えていく唯一無二のフリーランスの酒番として活動中

 

2021年夏よりパーソナリティを務める WAH! Radio www.wahradio.org  でお耳にもかかれますように

 

Webサイト開設のお知らせ

栗岩稔のSTYLEを人やモノを通して伝えるメディアとして  https://www.kuriiwastyle.com/ がはじまりました

少しずつですが栗岩稔のスタイルにご期待ください

こちらではお目にかかれますように

カート

All available stock is in the cart

カートは現在空です。