¥ 10,000以上のご注文で国内送料無料

『酒番日記番外編』【bar sowhat 2011-2021】

立春を迎えた
2011年の立春にはじめた木挽町路地裏の酒場 bar sowhat
2021年の立春を過ぎて終わった木挽町路地裏の酒場bar sowhat
そして、1年後の2022年2月22日
扉を閉じるまでの最後の10日間を切り取った写真集が発売される

写真家 木内和美さんとグラフィックデザイナーの澤田明彦さん
二人のご厚意からはじまったこの企画
閉店する酒場の写真を残すことが出来るこの幸運
なくなった酒場の景色をカタチとして
みなさまの記憶に残すことへの感謝と恥じらい

10年しか出来なかった酒場の主として色々な想いがあるものの
この酒場に限らずこの道を選んだ頃からのすべての縁

みなさまの支えがあって初めて生まれたカタチだと


終わった酒場のことを今さら記すのはどうかと思うが
この酒場の10年間常に心掛けていたこと
忘れがちな旬、月の暦、その日の天気
今日の服、今日の音楽、今日の本、たまに映画、そして酒

そんな日常が、みなさまの時間が
刻み込まれた酒場の景色
その景色が残される

ありがたい
心からそう思えるようになった

自身の40歳を想い描いて道を決めた30歳
風を感じ、流れを受け止めながらも
もがき考え続けてきた20年
たくさんの街の至るところで感じ入ってきた
人、モノ、酒、音楽、言葉
人に出会い、モノに出会い、酒と向き合い
音楽に聴き入り、言葉に出会い、吸収してきた

50歳を越えた今
栗岩稔って誰よ、栗岩稔ってどうよ、と
自問自答し深く考える良い機会になったことは間違いなく
栗岩稔として伝えるべきことを自身が発信するメディアとなって
伝えていくことを再認識する日々

そんな栗岩稔ですが
今しばらくお付き合いいただけたら幸いです

たくさんの喜怒哀楽に彩られた
たくさんの春夏秋冬を思い出し

今ここで改めて
ありがとうございます

令和4年2月吉日
酒番 栗岩稔

宣伝ついでにご案内を

[bar sowhat 2011-2021]
photo: Kazumi Kiuchi
design: Akihiko Sawada
writing: Minoru Kuriiwa

銀座・木挽町の路地裏「bar sowhat」
酒、音楽、本、しつらえ…。
至福の時間をかたちづくってきた酒番 栗岩稔のディテールを
終焉の日々とともに捉えた一冊

販売価格¥4,400(税込)
購入者限定  sowhat 特別音源付( 栗岩稔 監修 WAH! Radio選曲家 大塚広子)

「bar sowhat 2011-2021」出版記念展

会期: 2月22日(火)~27日(日)
時間: 13:00~19:00( 最終日のみ18:30閉店)
会場: 森岡書店 東京都中央区銀座1-28-15
問い合わせ: 03-3535-5020

栗岩稔プロフィール
「鎌倉THE BANK」「 銀座7丁目」「木挽町 bar sowhat」「銀座Sony Park Bar Morita」で大人の集う酒場を作り上げ「人」と「酒」と「酒場」をその歴史や文化から掘り下げ伝えていく唯一無二、フリーランスの「酒番」として活動中
2021年夏よりパーソナリティを務める WAH! Radio www.wahradio.org  にてお耳にもかかれますように

Webサイト開設のお知らせ
栗岩稔のSTYLEを人やモノを通して伝えるメディアとして2022年2月22日公開予定の kuriiwastyle.com がはじまります
少しずつですが栗岩稔のスタイルにご期待ください
こちらでもお目にかかれますように

カート

All available stock is in the cart

カートは現在空です。